冬の個別特訓イベント!

電圧計の目盛りを読み取ろう!

電圧計の目盛りはどこまで読めばいいのか?

 

電圧計・電流計の目盛りは,

最小の目盛りの\(\displaystyle \frac{1}{10}\)まで読んで答える必要があります!

 

 

今回のオンライン授業動画です。

 

 

 

 

 

<問題>

いろいろな電気回路の電圧を測定した。次の図は,ある電気回路の電圧の測定値である。

次の問いに答えなさい。

 

(1) 電圧計の+端子は,電源の+側と-側,どちらにつなぐか。

(2) つないだ電圧計の-端子が次のア~ウのとき,針が指す電圧の大きさをそれぞれ元読み取りなさい。

ア 3Ⅴ端子    イ 15Ⅴ端子   ウ 300Ⅴ端子

 

 

 

 

 

 

 

 

解答解説はこちら!

 

(1) +側

電圧計の+端子は,電源の+側につなぎます。

 

 

 

 

(2)ア 3Ⅴ端子 ・・・1.20V

   イ 15Ⅴ端子・・・6.00Ⅴ

   ウ 300Ⅴ端子・・・120V

 

 

ア 3Ⅴ端子 ・・・1.20Vの解説

 

最大は3Ⅴですから,針の位置は1.2あたりですね。

ここで,最小目盛りに注目すると,0.1Vまで測定できることがわかります。

その\(\displaystyle \frac{1}{10}\)まで読むので,1.20Vになります。

 

 

 

 

 

イ 15Ⅴ端子・・・6.00Ⅴの解説

 

最大は15Ⅴですから,針の位置は6あたりですね。

ここで,最小目盛りに注目すると,0.5Vまで測定できることがわかります。

その\(\displaystyle \frac{1}{10}\)まで読むので,6.00Vになります。

 

 

 

 

 

ウ 300Ⅴ端子・・・120Vの解説

 

最大は300Ⅴですから,針の位置は120あたりですね。

ここで,最小目盛りに注目すると,10Vまで測定できることがわかります。

その\(\displaystyle \frac{1}{10}\)まで読むので,120Vになります。

 

 

 

 

 

 

 

生徒さんと一緒に進めています。

オンライン授業動画もぜひ視聴してみてください。