オームの法則のグラフ問題4 電力・発熱量

グラフを効率よく使える問題にチャレンジ!

 

 

今回のオンライン授業動画はこちらです。

 

 

 

 

 

<問題>

2種類の電熱線a,bにそれぞれ電圧を加えて,流れた電流値を測定した。

次のグラフはその実験結果である。次の問いに答えなさい。

 

 

(1) 電熱線a,bを使って直列回路にした。回路全体の電流が200mAのとき,回路全体の電圧を求めなさい。

(2) 電熱線a,bを使って並列回路にした。電源電圧3Vのとき,回路全体の電流値は何Aか。

(3) 電熱線aに300mAの電流を5分間流した。このときの発熱量は何Jか。

(4) 電熱線a,bにそれぞれ6Ⅴの電圧を加えて,10分間電流を流した。電熱線aの発熱量(J)は,電熱線bの何倍か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答解説はこちら!

 

(1) 8V

 

電熱線a,bの抵抗を求めていくやり方もあるけど,グラフを使うと楽に求められます。

直列回路では電流がどこも等しいので,200mAのところを見れば,加わる電圧値もわかるようになっています。

答えは,2+6=8V

 

 

 

 

 

(2) 0.4mA

 

電熱線a,bの抵抗を求めていくやり方もあるけど,グラフを使うと楽に求められます。

並列回路では電圧は電源に等しいので,3Ⅴのところを見れば,流れる電流値もわかるようになっています。

答えは,300+100=400mA=0.4Aです。

 

 

 

 

 

(3) 270J

 

電熱線aに300mAの電流が流れているとき,グラフから3Vの電圧が加わることがわかりますね。

 

 

発熱量(J)=電力×時間(秒)で求められます。よって

0.3A×3V×5分×60=270J

 

 

 

 

(4) 3倍

 

単純に,流れる電流だけ3倍になっているから3倍!でもOKです。

 

 

 

ちゃんと計算すると,

 

発熱量(J)=電力×時間(秒)により,

電熱線aの発熱量(J) = 0.6A × 6V × 10分 × 60

           =2160J

電熱線bの発熱量(J) = 0.2A × 6V × 10分 × 60

           =720J

 

ここからも,電熱線aの発熱量は,電熱線bの発熱量の3倍だとわかりますね。

 

 

 

 

生徒さんと一緒に進めています。

オンライン授業動画もぜひ視聴してみてください。

 

 

レビューの平均

4.0
5つ星中4.0つ星です!(12人のお客様のデータ)
最高50%
良かった25%
ふつう9%
いまいち8%
最悪8%

お客様の声

中間テスト対策になる。

中2です。中間テスト対策にワークを塾に持って行ったのですが忘れてしまい、この記事で自主勉することができました。

真紅

すごいね

うん

天才

先生へ

とてもわかりやすかったです

YMCA

っっっっyhyhyhyhyっhy

yhyっh

とても良かった

できなかったところができた

誰か

親子共々助けてもらいました!

小4から中3まで不登校でした。

発達やメンタルで困難が色々ある息子です。

小学生の間は他のICT教材を使って親子で勉強していましたが、1人で勉強したいとの希望で中1からすららに変更しました。

大波先生のラインから届く言葉がとても嬉しかったです。

励ましやお褒めの言葉が親子共々とても元気をもらえました。

息子は先生からの「少しずつゆっくり頑張っている事がすごい!」、「継続が大切で、それをやっている事が本当は1番難しい事をこなしているから凄いんだよ!」という内容のコメントが嬉しかったそうです。待ってくれる事がとても嬉しかったそうです。ここは難しいから今は飛ばしてもいいよ!というコメントも気持ちを安心させてもらったと言っています。

子どもの気持ち、親の気持ちを汲んで下さり、親子の関係を取り持って下さったのがありがたかったです。

今年度から無事に高校に入学しましたが、高校を選択する時も先生の言葉が大きな力となりました。

本当に大波先生に感謝しています。ありがとうございます。

今後どうなるかわからないので、今は休止の形をとらせてもらっています。

大波先生との出会いに本当に感謝です!ありがとうございました!

埼玉県民

たくさん、褒めていただきました!

学校の授業を安心して受けられるように、算数は予習中心で取り組みました。コーチに希望を伝えると、すぐに目標を設定してくれました。コーチからくるメッセージに息子も私も励まされました。

なりしん

丁寧に指導してくれます

うちの子は”させられる”ことが大嫌いなので、勉強をさせることができません。

アスミラではそんな子を無理に勉強させようなどとはせずに、日常の話などをしながら、できそうなタイミングで勉強に向かわせてくれているようです。

子どもが嫌いな勉強をやってみようと思える状態に導いてもらえることに満足しています。

横浜市民

通塾からアスミラへ

通塾していると遊ぶ時間が限られてしまい、通うのがめんどくさい。親がうるさいし…他人と比べたがるし、親の圧力が半端なかった。

アスミラへ入塾。先生と相談して苦手な所は一緒に授業で取り組んでくれたり、「ここは難しいよね。今は無理してやらなくていいよ」と言われた時は驚いたし、共感して貰えたことが嬉しかった。

本当に逃げていいのかなぁと心配になってしまったこともあったが、遠回りして解ける時期が来たら、先生が再度「前、無理してやらなくていいよって言った所、覚えてる?今ならチャレンジ出来るからやってみない?」と

自分にあったペースで目標設定を相談出来る所がありがたい。

先生のおかげで親に、私の思ってることを代弁してくれたり、取り持ってくれてありがとうございます。

ヒラヤマ山脈

ご家庭レビュー,お待ちしています!