並列回路の電流と電圧を求めよう!3

オームの法則を使おう!

 

 

今回のオンライン授業動画はこちらです。

 

 

 

 

 

 

<問題>

次の図は,電源,スイッチ,電流計,電球2個を使った並列回路である。

電球aは6Ω,電球bは3Ω,電流計の値は0.2Aである。

次の問いに答えなさい。

 

 

(1)電源の電圧を求めなさい。

(2)電球bに流れる電流値を求めなさい。

(3)電源に流れる電流値を求めなさい。

(4)回路全体の抵抗の大きさを求めなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はこちら!

 

(1) 1.2V

 

オームの法則により,電圧=抵抗×電流で求められます。

6Ω×0.2A=1.2V

 

 

 

 

 

(2) 0.4A

 

オームの法則により,電流=電圧÷抵抗で求めてみよう!

並列回路だから,電球bにも1.2Vの電圧が加わっているよ!

1.2V÷3Ω=0.4A

 

 

 

 

 

(3) 0.6A

 

電球aには0.2A,電球bには0.4Aの電流が流れていて,

最終的に合流して0.6Aの電流が電源を流れます。

 

 

 

 

(4)2Ω

 

抵抗Ra,Rbを使った並列回路の場合の全体の抵抗Rは,次の式で求められます。

\(\displaystyle  \frac{1}{R}=\frac{1}{Ra}+\frac{1}{Rb}\)

 

今回は,

\(\displaystyle  \frac{1}{R}=\frac{1}{6}+\frac{1}{3}\)

\(\displaystyle  \frac{1}{R}=\frac{1}{6}+\frac{2}{6}\)

\(\displaystyle  \frac{1}{R}=\frac{1}{2}\)

\(\displaystyle  R=2\)

 

 

 

 

 

 

<別解>

回路全体の抵抗の求め方

 

回路全体の電流値と電圧値がわかっていれば,

オームの法則で回路全体の抵抗を求められます。

回路全体の抵抗 = 回路全体の電圧 ÷ 回路全体の電流

 

 

 

 

生徒さんと一緒に進めています。

オンライン解説動画もぜひ視聴してみてください。