直列回路の電流と電圧を求めよう!4

オームの法則を使おう!

 

 

今回のオンライン授業動画はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

<問題>

次の図は,電源,スイッチ,電流計,抵抗3個を使った直列回路である。

電源8V,電流計の値は0.2Aであった。

R1は5Ω,R2は10Ω,R3の抵抗値は不明である。

次の問いに答えなさい。

 

 

(1) R1とR2に加わる電圧をそれぞれ求めなさい。

(2) R3の抵抗値を求めなさい。

(3) 回路全体の抵抗値を求めなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はこちら!

 

(1) R1・・・1V , R2・・・2V

 

直列回路はどこも電流は等しいことを使います。

電圧=抵抗×電流で求めていきます。

 

 

 

 

 

(2) R3・・・25Ω

 

まずは,R3に加わる電圧を求めます。

(1)で求めた値を使えば,R3は残りの5Vだと求められます。

 

 

 

 

 

今回の直列回路はどこも0.2Aの電流が流れていますから,

R3には5V,0.2Aという情報が出ます。

 

抵抗=電圧÷電流でR3は25Ωです。

 

 

 

 

 

(3) 回路全体の抵抗・・・40Ω

 

直列回路における,回路全体の抵抗は和で求められます。

(2)でR3が25Ωと出ていれば,和は

5Ω+10Ω+25Ω=40Ωです。

 

 

 

 

 

(3)の別解

 

今回の問題は,いきなり(3)から求めることもできます。

回路全体の電圧と電流値がわかっていれば,

回路全体の抵抗=回路全体の電圧÷回路全体の電流

40Ω=8V÷0.2Aと求められますよ!

 

 

 

 

 

生徒さんと一緒に進めています。

オンライン授業動画もぜひ視聴してみてください。