直列回路の電流と電圧を求めよう!3

オームの法則を使おう!

 

 

今回のオンライン授業動画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

<問題>

次の図は,電源,スイッチ,電流計,電球2個を使った直列回路である。

電球aに加わる電圧を測定したところ,3Vであった。

電球aは15Ω,電球bは5Ωである。

次の問いに答えなさい。

 

 

(1)電球aに加わる電圧を測定するための,電圧計の回路を図に書き込みなさい。

(2)電流計に流れる電流を求めなさい。

(3)電源の電圧を求めなさい。

(4)回路全体の抵抗の大きさを求めなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はこちら!

こたえ (1) 下の図参照。 並列につなごう!

 

 

 

 

 

こたえ (2) 0.2A

 

オームの法則により,電流=電圧÷抵抗で求められます。

3V÷15Ω=0.2Aになりますね。

 

 

 

 

こたえ (3)4V

 

(2)で回路全体の電流がわかりましたね。

それを使って,電球bの電圧を求めます。

 

電圧=電流×抵抗で,0.2A×5Ω=1V

電源の電圧は,電球aと電球bにそれぞれ加わる電圧の合計値になります。

よって,1+3=4V

 

 

 

 

 

こたえ (4) 20Ω

 

直列回路の場合,回路全体の抵抗の大きさは和で求められます。

15Ω+5Ω=20Ω

 

 

 

 

(4)の別解

 

もし,回路全体の電圧と電流がわかっているなら,

オームの法則により,回路全体の抵抗=回路全体の電圧÷回路全体の電流

で求められます。

今回はそれでもOK。

 

 

 

これなら,各抵抗の値がわからない場合でも

回路全体の抵抗の大きさだけは求められます!

 

 

 

 

 

生徒さんと一緒に進めています。

オンライン授業動画もぜひ視聴してみてください!