冬の個別特訓イベント!

オームの法則のグラフ問題2

グラフを読み解こう!

 

 

今回のオンライン授業動画です。

 

 

 

 

 

 

 

<問題>

2種類の電熱線a,bにそれぞれ電圧を加えて,流れた電流値を測定した。

次のグラフはその実験結果である。次の問いに答えなさい。

 

 

(1) 電熱線a,bの抵抗の大きさをそれぞれ求めなさい。

(2) 電熱線a,bを使って直列回路にした。回路全体の電流が0.3Aのとき,電源電圧を求めなさい。

(3) 電熱線a,bを使って並列回路にした。電源電圧が4Ⅴのとき,回路全体の電流値を求めなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はこちら!

(1)電熱線a・・・10Ω , 電熱線b・・・20Ω

 

 

電熱線aの抵抗値を求めてみよう。

電圧1Ⅴのとき,電流0.1Aであることを利用して,抵抗=電圧÷電流で求めよう。

 

 

 

 

次に,電熱線bの抵抗値を求めよう。

電圧2Ⅴのとき,電流0.1Aであることを利用して,抵抗=電圧÷電流で求めよう。

 

 

 

 

 

(2)9Ⅴ

 

電熱線a,bの抵抗値は調べたから,オームの法則を使って解いても求められるけど・・・。

グラフを使うと楽に求められます。

 

直列回路では,電流はどこも等しいから,0.3Aのところを見れば,

電熱線a,bに加わる電圧値はすぐわかるよ!

電源電圧は,3+6=9V です。

 

 

 

 

 

(4)0.6A

 

電熱線a,bの抵抗値は調べたから,オームの法則を使って解いても求められるけど・・・。

こちらも,(3)と同様に,グラフを使うと楽に求められます。

 

並列回路では,電圧は電源電圧に等しいから,4Ⅴのところを見れば,

電熱線a,bに流れる電流値はすぐわかるよ!

回路全体では,0.2+0.4=0.6A です。

 

 

 

 

 

生徒さんと一緒に解いています。

オンライン授業動画もぜひ視聴してみてください。