冬の個別特訓イベント!

中2数学 2学期までのまとめ6

2つのさいころの確率問題を振り返ろう!

 

確率が中間・期末テスト範囲に入っているなら,2つのさいころの問題はほぼ出ます。

しっかり振り返っておきましょう!

 

今回の授業動画です。

 

 

 

 

 

 

<問題>

大小2つのさいころを投げるとき,次の確率を求めなさい。

(1)2つのさいころの和が6の倍数になる確率

(2)2つのさいころの目のうち,少なくとも1つは偶数の目が出る確率

 

んな大好き さいころ表を使おう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解はこちら!

(1)2つのさいころの和が6の倍数になる確率

こたえ \(\displaystyle \frac{1}{6}\)

 

全36通り中,6通りあります。

 

 

 

 

(2)2つのさいころの目のうち,少なくとも1つは偶数の目が出る確率

こたえ \(\displaystyle \frac{3}{4}\)

 

 

少なくとも1つは偶数ということですから,

1つだけ偶数もOKですし,2つとも偶数でもOK!

 

ダメなパターンは,2つとも奇数になってしまうパターンです。

9通りあります。

 

なくとも1つは偶数になるのは全36通り中27通りです。

よって,こたえは \(\displaystyle \frac{27}{36}=\frac{3}{4}\)

 

 

 

 

別解としては,

少なくとも1つは偶数になるパターン  =  全通り100% ー 2つとも奇数になるパターン

 

つまり,全体から2つとも奇数になるパターンの9通りである,\(\displaystyle \frac{9}{36}\)をひけばいいので

\(\displaystyle 1-\frac{9}{36}\)

\(\displaystyle =1-\frac{1}{4}\)

\(\displaystyle =\frac{3}{4}\)

 

この求め方でもOKです!