確率 テスト対策4 コイン投げ 「少なくとも」

テスト対策4 コイン投げで「少なくとも1枚は表」の確率

 

今回のオンライン個別授業動画です。

 

 

 

 

次の問題にチャレンジしてみよう!

コイン投げの問題,大問で2問あるよ!

 

 

<問題1>

2枚の硬貨を同時に投げるとき,次の確率を求めなさい。

(1)2枚とも表である確率を求めなさい。

(2)少なくとも,1枚は表である確率を求めなさい。

 

 

 

<問題2>

枚の硬貨を同時に投げるとき,次の確率を求めなさい。

(1)3枚とも表である確率を求めなさい。

(2)少なくとも,1枚は裏である確率を求めなさい。

 

 

 

 

 

 

正解はこちら!

 

<問題1>

2枚の硬貨を同時に投げるとき,次の確率を求めなさい。

(1)2枚とも表である確率を求めなさい。

こたえ \(\displaystyle \frac{1}{4}\)

 

 

 

 

(2)少なくとも,1枚は表である確率を求めなさい。

こたえ \(\displaystyle \frac{3}{4}\)

 

 

 

 

 

 

問題2>

枚の硬貨を同時に投げるとき,次の確率を求めなさい。

(1)3枚とも表である確率を求めなさい。

こたえ \(\displaystyle \frac{1}{8}\)

 

 

 

(2)少なくとも,1枚は裏である確率を求めなさい。

こたえ \(\displaystyle \frac{7}{8}\)

 

 

 

 

 

 

ぜひオンライン個別授業の動画も視聴してみてください。