最新記事

2年数学のまとめ 連立方程式1-2

連立方程式の速さの文章題にチャレンジ!

例題)

Bさんは,家から1500mはなれた学校へ向かった。

はじめは分速60mで歩いていたが,雨が降ってきたので,途中から分速180mで走ったら,学校に着くまでに15分かかった。

歩いた道のりと走った道のりは,それぞれ何mか。

オンライン授業を実際に受けてみよう!

解法は2種類あるよ!解説はこちら!

解法の1つ目!

x分歩いて,y分走ったとすると考えて式を立てる方法。

答えは時間が出るので,最終的に道のりで出すことに注意すればOK!

解法2つ目!

xm歩いて,ym走ったとする考え方。

こちらはそのまま答えを出せるよ!

でも,式は分数になるので,ちょっぴり面倒かも!

速さの文章題は,苦手とする生徒さんが多いと思います。

でも,2種類の考え方を知ると,見方考え方の楽しさが出てくるはず。

これからも一緒に楽しく学んでいきましょう!