カードを使った確率の問題 2ケタの整数を作ろう 後編

カードを使った確率 2ケタの整数を作ろう! 後編

 

 

 

前編はこちらです。ぜひ視聴してみてください。

 

 

次の問題にチャレンジしてみよう!

 

<問題>

数字が書かれた5枚のカードが箱に入っている。カードには,それぞれ1,2,3,4,5と書かれている。

箱からカードを2枚続けてひく。

1枚目を十の位,2枚目を一の位として2ケタの整数を作るとき,次の問いに答えなさい。

 

(2)2ケタの整数が偶数になる確率

(3)2ケタの英数が奇数になる確率

 

 

 

 

正解はこちら!

 

<問題>

数字が書かれた5枚のカードが箱に入っている。カードには,それぞれ1,2,3,4,5と書かれている。

箱からカードを2枚続けてひく。

1枚目を十の位,2枚目を一の位として2ケタの整数を作るとき,次の問いに答えなさい。

 

(2)2ケタの整数が偶数になる確率

こたえ \(\displaystyle \frac{2}{5}\)

 

2ケタのつくり方は全20通り。そのうち,偶数は8個。

 

 

 

(3)2ケタの英数が奇数になる確率

こたえ \(\displaystyle \frac{3}{5}\)

 

2ケタのつくり方は全20通り。そのうち,偶数は12個。

 

2ケタの整数は奇数か偶数しかないから,

全ての可能性100%=1から,偶数の確率の \(\displaystyle \frac{2}{5}\) をひいて

\(\displaystyle 1-\frac{3}{5}=\frac{2}{5}\) と出してもOK!

 

 

樹形図や授業メモの画像はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

授業動画はこちら!

生徒さんとの授業動画です。1分49秒です。