確率 テスト対策8 カードの問題 後編

4枚のカードから2枚を選ぶ問題 後編です。

 

今回のオンライン個別授業動画はこちらです

 

 

 

 

今回は後編になります。

前編はこちら

 

 

 

次の問題にチャレンジしてみよう!

 

 

<問題>

4枚のカードがあり,それぞれ1,2,3,4の数が書かれている。

この4枚をよくきって同時に2枚ひくとき,次の確率を求めなさい。

 

(3)2枚とも奇数である確率

(4)少なくとも1枚は偶数である確率

 

 

 

 

 

 

 

正解はこちら!

 

<問題>

4枚のカードがあり,それぞれ1,2,3,4の数が書かれている。

この4枚のカードをよくきって同時に2枚ひくとき,次の確率を求めなさい。

 

(3)2枚とも奇数である確率

こたえ \(\displaystyle \frac{1}{6}\)

 

 

樹形図から,全12通り中,奇数になるのは2通り。

 

 

 

 

(4)少なくとも1枚は偶数である確率

こたえ \(\displaystyle \frac{5}{6}\)

 

 

樹形図から,全12通り中,少なくとも1枚は偶数になるのは10通り。

 

残りの2通りは,(3)で解いた2枚とも奇数になるパターン。

 

つまり,少なくとも1枚は偶数になる確率を求めるとき,

全体の100%=1から,2枚とも奇数になるパターンをひけば,少なくとも1枚は偶数になるということ。

\(\displaystyle 1-\frac{1}{6}=\frac{5}{6}\)

と出してもOK!!

 

 

ぜひオンライン授業動画も視聴してみてください。