応用編!式による証明をしてみよう!その2

応用編! 式による証明にチャレンジしよう!その2

 

 

 

次の問題にチャレンジしてみよう!

 

<問題>

2つ続いた奇数の和は4の倍数になる。このことを文字を使って説明しなさい。

 

例えば,

3+5=8

11+13=24

たしかに,4の倍数になりそうです。これを文字を使って説明する問題です。

 

 

<ヒント>

偶数は整数nを使うと2nで表せるよ!

奇数は偶数の隣にあるから,2nー1 または 2n+1 だね!

 

 

 

 

正解はこちら!

 

<問題>

2つ続いた奇数の和は4の倍数になる。このことを文字を使って説明しなさい。

 

整数nを使うと,2つ続いた奇数は,2n-1,2n+1 と表せる。

その和は, (2n-1)+(2n+1)=4n

 

nは整数だから,4nは4の倍数である。

したがって,2つ続いた奇数の和は4の倍数になる。 (終わり)

 

 

 

実際の授業の様子

 

生徒さんとの個別オンライン授業の様子です。けっこう生々しい2分10秒の切り抜き動画です。

動画で一緒に学びながら取り組んでみてください。