連立方程式の利用1

今回は,連立方程式の文章問題を解説していきます。
まずは,序盤に出てきそうな,次の問題です。

 

 

 

リンゴと桃の合計数がわかっていて,それぞれの個数を求める問題です。リンゴと桃の個数をそれぞれx,yと置いて解いてみましょう。

 

答えは,リンゴ4個,桃6個です。
文章問題では,式と答えをセットで書かないといけません。解けたでしょうか。

 

実際の授業の様子を録画した,5分弱の解説動画もあります。

動画の後半では,中学1年生で学習する,一次方程式の考え方を使った解き方も使っています。ぜひご覧ください。

 

 

音楽素材「PeriTune」
URL:https://peritune.com/