テストでよく出るアフリカ編

今回は,中学社会の世界地理のアフリカを図で解説していきます。
テストでよく出るところをまとめています。

 

アフリカクイズでチェック!

簡単なアフリカのクイズを出します。
すぐに正解できれば,このページの内容はバッチリです!

 

第1問

アフリカを通る,本初子午線赤道はそれぞれ何番でしょうか?

 

 

正解は,本初子午線は②番,赤道は⑥番です。

 

 

第2問☆ アフリカの地形クイズ!

次の地図上の,アフリカの砂漠名,東西の海の名称,代表的な川の名称,盆地名,湾名をお答えください!

 

 

正解は,サハラ砂漠,西の大西洋,東のインド洋,ナイル川,コンゴ盆地,石油が取れるギニア湾,でした。

 

 

本初子午線と赤道の位置を確認しよう!

 

 

上の図は,アフリカの本初子午線と赤道ラインです。ちょうど交わっているあたりが,石油が取れるギニア湾です。

ちなみに,ギニア湾の近くのナイジェリアでは,輸出品のほとんどが原油です。

 

アフリカの気候をまとめよう!

 

赤道直下は熱帯です。一年中熱くて雨もよく降ります。
下の図の,コンゴ盆地では,熱帯林が広がっています。

ちなみに,地図の左側が大西洋,右側がインド洋ですね。

 

 

次の図を見てください。

赤道直下から少し離れると,乾燥帯になります。もうちょっと離れるとサハラ砂漠があります。

特に,図のサバナ気候の地域では,雨がよく降る時期(雨季)とほとんど降らない時期(乾季)がはっきりしています。

だから,植物が全く育たないわけではないのですが,木がまばらにあるくらいでほとんどが草原,そんな地域です。

サバナとは,この地域では草原という意味の言葉です。他の地域の草原は,また違った名称だったりします。

 

 

実力テストによく出る!アフリカの産業

ここらへんを知っていると,テストできっと役に立ちます!

 

まずは,コートジボワールガーナと言えばカカオ豆
チョコレートの原料ですね。たくさん生産されています。

ガーナは日本ではチョコの商品名としても有名ですね。
実際は,コートジボワールの方がたくさんカカオ豆を生産しています。

 

 

イギリスのティータイムとケニアの茶

次に,ケニアの茶!

日本にも輸出されています。

私たちがおいしく飲んでいる紅茶は,ケニアの方々が生産した茶葉で作られているかも。

 

ガーナやケニアは,昔はイギリスの植民地でした。今でも両国の公用語は英語です。

イギリスの植民地時代,いろいろな企業が進出して,プランテーションと呼ばれる大農園が作られました。

今も生産が続けられており,現在では世界中に農産物が輸出されています。

 

イギリスといえば,午後のティータイム。

でも,イギリスって高緯度にありまして,茶もカカオ豆も生産できなかったんです。
だから,ガーナやケニアの土地と労働力を使って生産していたわけです。

 

 

そして,忘れてはいけない南アフリカ共和国

アフリカは鉱山資源に恵まれています。

南アフリカ共和国では,ダイヤモンドが重要な輸出品になっています。

カカオ豆で有名なガーナでも,がよく取れます。

 

近年では,スマホの液晶などにも使われるレアメタルが注目されています。

南アフリカ共和国を中心に採掘が進んでいます。

 

アフリカの課題とは?

 

アフリカって,国によって農産物や鉱山資源がかたよっているんですよね。

ガーナのカカオ豆,ケニアの茶,タンザニアのコーヒー,ナイジェリアの石油,南アフリカ共和国の金,などなど。

このように,国の輸出品が,特定の農産物や鉱山資源だけに頼っている経済のことを,モノカルチャー経済といいます。

 

ただ,モノカルチャー経済は,天候に左右されやすく,年によって売れる量や値段も変わるので,国の収入が安定しません

豊富な資源があること自体は,すばらしいことのですけどね。

 

 

 

今回のアフリカ特集は以上で終わりです。
気になることがあったら,興味関心で調べてみてください。きっと理解が深まりますよ。